報道関係各位

2019年10月9日

株式会社Synspective

衛星データビジネスの宇宙スタートアップ企業

SynspectiveがKongsberg Satellite Service社(KSAT)と契約

~世界主要都市の日時観測のための衛星群構築へ向けて前進~

衛星データ解析によるソリューション提供および小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行う株式会社Synspective(本社:東京都江東区、代表取締役CEO:新井元行)は、ノルウェーの大手地上局プロバイダーであるKongsberg Satellite Service社(KSAT)と、地上局サービス利用に関する契約を締結したことをお知らせいたします。

KSATは、衛星やロケットなどの通信のためにグローバルな地上局サービスを提供する大手プロバイダーで、北極と南極を含む21箇所、180基の衛星管制用の地上局を世界中で展開しています。

 

本契約により、当社の小型SAR衛星コンステレーションによるデータ取得・販売と、そのデータ解析によるソリューション提供事業に向けた準備がまた一歩前進いたしました。

 

KSATプレスリリース:https://www.ksat.no/news-and-media/news-archive/2019/ksat-synspective-global-alliance/

※左:Rolf Skatteboe(President and CEO of KSAT)右:新井元行(CEO of Synspective)

株式会社Synspective 会社概要

シンスペクティブは、データに基づき、着実に進歩する世界の実現を目指し、衛星による観測データを活用したワンストップソリューション事業を行う会社です。内閣府「ImPACT」プロジェクトの成果を応用した独自の小型SAR衛星により高頻度観測を可能にする衛星群を構築し、その衛星から得られるデータの販売、および、それらを利用した政府・企業向けのソリューションを提供します。

 

設立:2018年2月

所在地:東京都中央区銀座1-15-4

新所在地:東京都江東区三好3-10-3 THE BREW KIYOSUMISHIRAKAWA 1F

代表者:代表取締役CEO 新井元行

URL https://synspective.com/

【本件に関するお問合せ先】

株式会社Synspective  PR担当 藤川

 press@synspective.com