高頻度、リアルタイム性、高分解能の
3大性能を支える
トータルエコシステムの構築

Synspectiveでは衛星開発だけでなく、衛星間ネットワーク及び地上局サービス及び、データ処理などのデータプラットフォームの利用を含む、”「高頻度」、「リアルタイム性」、「高分解能」”この3つのキーワードを軸とした、トータルエコシステムを構築します。

コンステレーション実現に向けて

私たちの衛星”StriX”は、大型のSAR衛星と同等の性能を有しているだけでなく、シンプルな構成であり、コンステレーション実現のための多数機生産に適しています。

約5メートルあるSARアンテナは大型衛星と同様のサイズでありながら、小さく格納して打上げ可能です。SARを構成する電子回路は、小型衛星本体に格納されたアンプ、制御電子回路、導波管と少ない機器で構成されています。SAR観測のための高電力生成に必要な太陽電池を搭載するパネルは、SARアンテナとの統合により、大面積を確保しつつシンプルな構成としています。

また、大電力制御装置や応答性の高い姿勢制御装置などSARに特化した機能も開発しており、InSAR(干渉SAR技術)を実現する精密な軌道制御手法や、ディープラーニング技術を活用したオンボード画像処理技術の実証も予定しています。

我々の技術開発計画

Synspectiveでは、あるべき開発目標につき、お客さまに向き合うソリューションチームとのチーム横断で、日々議論することを大切にしております。この議論を通じて業種や分野ごとに異なるお客さまのニーズを反映させた衛星設計、研究開発を続け、各世代の衛星への実装を追求します。

現在計画している技術は、新SARシステム、高効率アンプ、SAR制御電子回路の高度化、軽量かつお客さまニーズに適合したアンテナ、衛星間通信ネットワーク、オンボードデータ処理/観測計画立案、即時観測、テレメトリや試験データを用いた故障検知、迅速かつ自律的な故障対処、多数機生産ラインのデジタル化、デジタルツイン、知識のモデル化(モデルベースシステムエンジニアリング)などがあります。

衛星開発部門からのメッセージ

私たちは、熱意と専門性とビジョンを持った人たちと共に、SAR衛星開発を支えるエコシステムを構築したいと考えています。

システムエンジニアリング、プロジェクトマネジメント、SAR、無線、大電力、地上・衛星ネットワーク、データ処理、エッジコンピューティング、IoT、製造、品質管理・保証、工場管理、量産化、エレクトロニクス、機械、熱、EMC、宇宙環境、ソフトウェア、姿勢・軌道制御、材料、調達、暗号化など、幅広い分野の専門知識とサービスを必要としています。

当社のメンバーとしてもサプライヤーとしてでもも構いません。
あなたの熱意について伺いたいので、ぜひご連絡ください。

関連情報

さらに詳しく