ソリューション

Synspectiveのソリューションは、業種や専門分野ごと・ユースケースごとにお客さまのビジネスにとって最適化された活用法を提供するクラウドサービスです。

ソリューション ラインアップ

.cls-1{fill:#fff;}

Land Displacement Monitoring (LDM)

衛星データを用いて広域の地盤変動を解析し、その結果を提供するソリューションサービスです。独自のInSAR*分析を活用し、広範囲の地表面変動量(mm単位)を時系列で検出します。 *InSAR - Interferometric SAR(干渉SAR)の略。高精度で土地の変位を検出するSARデータ特有の処理技術の一つ。

.cls-1{fill:#fff;}

Flood Damage Assessment (FDA)

従来の観察方式と違い、SAR衛星では全天候型の地上観測が可能で、水害発生時により広範な地域を迅速に、浸水被害を評価することが可能です。

βソリューション ラインアップ

(β) Disaster Damage Assessment (DDA)

変化発生箇所を衛星データ解析で捉える。
大雨や強風に伴う土砂災害や家屋倒壊、火山噴火に伴う火山灰堆積など、自然災害発生時には、被害・変化状況を迅速に把握する必要があります。 天候や時間に左右されないSAR衛星による地表観測により、遠隔から広範囲に被害度合いや変化状況を把握することができます。

さらに詳しく

(β) Offshore Wind Assessment (OWA)

洋上風速推定(m/s)リモートセンシング技術。
洋上風力発電のタービン設置場所選定は発電量を左右する重要なポイントです。 SAR衛星観測技術のOWAソリューションは、広範囲な海域に対して遠隔で洋上風速推定とモニタリングがメートル毎秒単位で行えます。

さらに詳しく

(β)Forest Inventory Management(FIM)

森林・植生の維持、管理向け衛星ソリューション。
脱炭素化の機運が高まり、森林の保全・管理は重要な課題。 さまざまな衛星観測技術を組み合わたFIMソリューションは、遠隔からバイオマス量推定、伐採検知、カーボンクレジットに向けたCO2吸収量算出の元となるデータを提供します。

さらに詳しく

(β) Global Geospatial Index (GGI)Powered by Google Earth Engine

持続可能な開発のために、衛星およびビッグデータから実用的な地理空間情報を提供する。

さらに詳しく

関連情報

さらに詳しく

各業界をリードする企業との協業

新たなビジネスチャンスをSynspectiveと創造しませんか?

会社概要へ

ソリューション開発

当社のソリューションは、衛星データを将来的に活用しうる100社以上のポテンシャル企業さまへのヒアリングから、β版プロダクトを制作しています。さらに複数の企業さまにβ版をご利用いただき、改善・改修を重ね開発いたしました。

誰もが手にできる衛星データでの新たな視点

ソフトウェアをインストールせずにプラットフォームにアクセスし、解析結果をウェブ上でご確認いただきます。
直感的にわかりやすいUI/UXが、衛星データに触れたことのない方でも簡単に解析結果を確認しビジネスシーンへ利用することが可能です。

最先端のテクノロジーと分析により、社内リソースや時間を無駄にすることなく、ビジネスの効率と意思決定を促進します。

私たちの想い

私たちは常にユーザーファーストを心がけています。
お客さまの事業に最も適した形とは何かを探り、衛星データと組み合わせることで効果やメリットが見込める衛星データソリューションを提供・共同開発しております。
私たちはより良いサービスをご提供できるよう進化し続けます。ぜひ利用の感想やご意見ををお聞かせください。