ソリューション概要

脱炭素化の重要度が増している中、森林保全は重要なテーマとなっています。世界全体で40億ヘクタールを超える広大な土地が森林で覆われており、陸地のおよそ3割を占めると言われています。その広大な土地全てに人が直接踏み入って森林管理を行うことは非常に難しく、植生や育成状況が管理されないままの状態の森も多く存在します。FIMを活用すれば遠隔から樹高推定やバイオマス量推定、林相区分、伐採検知、CO2の吸収固定量算出など様々な観測を行うことができ、管理コスト削減や管理区域を広げることが可能です。

L-band SARデータを利用した、
米国ハウランドフォレストの樹高推定解析図

©Mapbox ©OpenStreetMap Improve this map | ©Synspective Inc., Original data provided by JAXA

メリット

  • 植生管理/樹高推定等を広域にわたって一気に行うことができる
  • カーボンクレジットに向けたCO2吸収量算出に繋がるデータの取得
  • 他リモートセンシング手段に比べ安価にモニタリング可能
  • 天候や昼夜を問わず監視できる

業界

  • 製造(製紙会社)
  • 農林水産業(林業事業者)
  • 石油ガス会社
  • ビジネスサービス(商社)
  • 政府公共(各都道府県および自治体)