ソリューション概要

大雨や強風に伴う土砂災害や家屋倒壊、火山噴火に伴う火山灰堆積など、様々な自然災害によって生じた被害・変化状況を災害前後のSAR衛星画像を用いて解析することにより、広範囲で被害度合いや変化状況を把握することができます。
SAR衛星は地表が雲に覆われている悪天候時でも夜でも観測が可能なため、天候と時間に左右されない観測が大きな特長の一つです。 SAR衛星の画像解析を活用することで、現地へ人を派遣することが困難な場合や遠隔地からでも、被害状況をいち早く確認することができます。
より広範囲の被災状況を適切に捉え、関係者間で迅速に情報共有する事が可能となることで、的確な状況把握と適切な初動対応に導くソリューションです。

静岡県熱海市で発生した土石流災害状況のSAR解析を実施

メリット

  • 災害前後の変化を解析し、被災状況(地滑り、家屋倒壊など)を評価
  • 広域の被災地調査に掛かる時間、コストの効率化と最適化
  • 一次調査で衛星による遠隔調査を行うことで現地での人の活動を抑えられるので二次災害リスクの低減

業界

  • 政府公共(省庁や自治体)
  • 金融(損害保険会社)
  • 交通・物流(交通インフラ運営会社)
  • その他(報道機関)

関連情報

さらに詳しく