Synspectiveの小型SAR(合成開口レーダ)衛星実証機「StriX-α」で、パリのエッフェル塔を撮像しました。(2021年10月)エッフェル塔の名前の由来は、建設を受託したエッフェル社の代表がアレクサンドル・ギュスターブ・エッフェル(Alexandre Gustave Eiffel)氏だったので、彼の名前をとってエッフェル塔と名付けられました。エッフェル塔は、フランス革命100周年を記念して1889年に開催された第4回パリ万国博覧会のモニュメントとして建てられました。

 

 

 

前回の撮像画像はこちら

StriX-αストリップマップモードにてサハラの目を撮像